文系でも理系でも目指せるITエンジニア

ITエンジニアは、何かと理系のイメージがありますよね。
真っ先に思い浮かぶのが、プログラミングなどの作業だからではないでしょうか。しかし、ITエンジニアにはシステム系・プログラマ系・データベース系・ネットワーク系・セールス系などの職種があり、これらがさらに細分化されて求人も行われています。

名古屋でも様々な求人が見つかります。
これらの職種の中でも、システム系、いわゆるSEや、セールス系は、顧客の希望に応じたコンピュータシステムを組むことが仕事になります。ある程度のハードウェアの知識は必要ですが、一番重要となるのは、顧客やプログラマとのコミュニケーション能力となります。
そのため、文系の人でも理系の人でもなれるチャンスがある職種です。

また、ネットワーク系の中にはwebエンジニアという職種もあります。その職種は、デザイナーの仕事・ホームページのコーディングの仕事・コンピュータグラフィックスを使用したチラシやポスター制作の仕事・コラムなどを作成するwebライターの仕事などがあります。
これらの中では、コーディング作業は理系の人に向いている職種ですが、デザイナーの仕事やコンピュータグラフィックスを使用した、チラシやポスター作りなどの仕事は美術などを学んだ文科系出身の人の方が向いている仕事といえそうです。
webライターの仕事は文章力が必要なので、理系の人よりも文系の人の方が向いている仕事といえそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です