名古屋の勢いとこれから

名古屋といえば、東京や大阪とともに、日本の政治や経済、文化の中心としての役割を担っています。日本を代表するような大企業の本支店や工場なども数多くあることで知られています。そんな中において、エンジニアにも大きな期待が寄せられており、活躍の場が広がりを見せています。

エンジニアは、工学者や技術者といった意味あいを強く持った言葉であり、昨今においては、ありとあらゆる業界において、重要視されてきています。
ネット社会の台頭もあり、さまざま分野において、変化のスピードが増しており、物事を根本から見つめる力が必要性を増してきています。
過去の成功事例や固定概念がむしろ邪魔をすることも多くなっています。

大切なことは、物事を構成している一つ一つの意味を理解することであり、その見極めができるかどうかで、結果も違ってくるのです。
言い換えれば、常にゼロベースで考えることができる柔軟性を持つことが求められています。ややもすれば、派手なパフォーマンスや空虚な立ち振る舞いのみがフォーカスされ、本質の良さを曖昧にする傾向が見られる昨今では、本物志向がより必要になっているといえます。

そういう意味では、エンジニアの果たす役割は、重要性に満ちているといえるでしょう。
確かな技術やノウハウと柔軟な発想を持つことによって、新しいものが見えてくるのです。工学者や技術者が集う職場には活気が満ちているといわれる由縁は、そのようなことからかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です